「ハッピーで健康であり、よりよい自分に進化し続けられること」を実現する心のサポートセンター KOKOROセンターは、一人一人の心身の健やかさを大切にする、今までにない、カウンセリングセンターです

BBH(ブリンギング・ベビー・ホーム “Bringing Baby Home”)

赤ちゃんを迎える家族のために、「夫婦が協働して親になる」ことに備えるプログラム

「赤ちゃん」という、新しく迎える愛しい命。人生の大事な節目である、子供の「誕生」には様々な変化が伴います。 今まで二人だけだったカップルの関係も、例外ではありません。新しい「親」という役割に戸惑い、 出産や育児への不安が募ったり、常にケアが必要な赤ちゃんの世話の仕方に戸惑ったり、育児のイライラやストレスへの対処を心配に思うことはごく自然なことです。

しかし、この時期を機にカップル・家族間の人間関係が上手くいかなくなることもあります。事実、日本の離婚の1/3は、子供が0~2歳の間に起こっているのです。

「ブリンギング・ベビー・ホーム」、“BBH”はそんなたくさんの変化を受け止められず起こる、カップル間の関係の悪化の予防を目的としたプログラムです。研究によって裏付けされたメソッドを基に、生まれてくる新しい命のための最高の「親」になることができるように作られています。母親・父親学級で実践的なことを学ぶように、BBHでは親としての心構えを学び、新しい「親」としての役割を万全の状態で迎えることができるようにします。現在妊娠中の方がいらっしゃるカップルから、3歳までの乳幼児のご両親まで受けることが可能です。

アプローチ
「親になりたい、親になる、親になった」という全ての方々をサポートする、「心の父親・母親学級」。

「ブリンギング・ベビー・ホーム」(BBH: Bring Baby Home)は、家族の絆を強くすることによって、赤ちゃんの生活の質を向上させることを目的としています。著名な人間関係・子育ての専門家である、ジョン・ゴットマン博士とジュリー・ゴットマン博士が開発しており、研究に基づいた「心理学教育」を取り入れたプログラムです。

BBHを通して得られる結果
  • 児童発達についての理解を深める。
  • 共同育児(二人で育児をすること)を実行するための方法を、パートナーと共に考える。
  • パートナーとのコミュニケーションの取り方、関係の保ち方、妥協する方法を改善・向上させる。
  • 産後気分障害の兆候が認識できるようになり、治療の選択肢について理解できるようになる。
BBHのワークショップを受講することをお勧めしたい方。
  • 子どもを持つことに興味がある。
  • 出産を控えている。
  • 現在、乳幼児の子育てをしている(0-3歳)。
BBHを通してパートナーと経験できること
  • 友情をより強固にする。
  • 親密度・愛情を向上させる。
  • 揉め事を以前より容易に解決できるようになる。
  • 夫婦関係への満足度を保つ。
  • 敵対心を和らげる。
  • 赤ちゃんと子供の間の健全な交流を手助けする。
  • 子育てへの質の高い参加ができるようになる。
  • 産後気分障害の発生、または深刻度を予防・軽減させる。
TWCP(トータル・ウェルネス・ケア・プログラム “Total Wellness Care Program”(TWCP)

潜在的な問題が深刻化する前に「プロアクティブ」に働きかけ、「よりよい自分」の実現を目指すプログラム
TWCP(トータル・ウェルネス・ケア・プログラム)とは
「トータル・ウェルネス・ケア・プログラム」、通称“TWCP”は、クライエント様一人一人の、「心と体が健やかな状態=ウェルネス」の実現を追求した、従来のカウンセリングの概念を覆す、全く新しいタイプのプログラムです。

KOKOROセンターは、人の「幸せ」とは、その人が「ハッピーで健康であり、よりよい自分に進化し続けられること」だと考えます。状況が悪化してしまってから対処する、従来のカウンセリングとは違い、「心」、「体」、「栄養」の三つの柱を中心に、「自分をより進化」させるお手伝いをします。

心身のバランスが良くなり、生活の質が向上することにより、プライベートはもちろん、仕事のパフォーマンスなどにも良い影響をもたらし、ウェルネスの好循環が生まれます。

従業員・家族ご支援プログラム(EFAP “Employee and Family Assistance Program”)

クライエント、ご家族へのサポートも含めた統括的な企業向けのカウンセリング

EAPとは
アメリカで発祥し、福利厚生の一部として積極的に活用されているEAP(Employee Assistance Program)は、グローバル・フォーチューン(世界有数の大企業)500社の95%がEAPに参加している、従業員の心の健康を重視したプログラムです。仕事の生産性や心身の健康を妨げる、個人的な問題や職業に関連する問題の改善により、組織業績の改善につながるということも証明されています。

KOKOROセンターは、従業員支援プログラム(EAP)サービスの提供者として、業界や企業サイズに関係なく、貴社の従業員の方々のメンタルヘルスのためにEAPプログラムを提供いたします。

KOKOROセンターでは、従来のEAPにご家族へのサポートも取り入れた、独自のプログラムであるEFAP(Employee and Family Assistance Program)を提供しております。

ご家族へのご支援を含めた”EFAP”を提供する、KOKOROセンター独自の取り組み
多様化している生活習慣やストレスを抱える、従業員の皆様をよりよくサポートするには、ご家族へのご支援も欠かせません。KOKOROセンターでは独自のプログラムである、ご家族へのご支援も含めたEFAP (Employee and Family Assistance Program) を提供しております。「大切な人達とご一緒に」、お悩みに向かい合っていくことでよりよい結果が得られます。

従業員の皆様・ご家族のお悩みから、仕事・職場に関するご心配まで、様々な問題に真摯に寄り添います。また、当センターでは、クライエントの方々のプライバシーを尊重しております。守秘義務が守られた環境で安心してご相談ください。従業員の皆様やご家族に合わせた最適なメソッドを使い、職場で働く方、ご家族、管理職の方、そして組織全体に必要とされている、ニーズにぴったりなEFAPを考案し、提供致します。

カップル・カウンセリング (Couple Counseling)

「あなたの心」と「パートナーの心」が「一つの心」になって生まれる、より強い絆

KOKOROセンターでは、家族を構成する最小単位である、「カップル」の関係をよりよくしていくためのカウンセリングも提供しています。当センターのカップル・カウセリングは、一人一人のプライバシーを重視しており、様々な問題を皆様の立場から考え、公平であり共感できるサポートを提供しております。

カウンセリングを通して、出身地、家庭環境、人生経験などの様々な「異文化」の違いを乗り越え、絆を強くするアドバイスやツールを学び、個々のコミュニケーションスキルが改善されます。また、カップルの心の結びつきが強固なものになり、関係がよりよくなっていくことで、子供を含めた家族全員の関係も向上し、プライベートや仕事にもよい影響を与えることができます。