トータル・ウェルネス・ケア・プログラム(TWCP)

プロアクティブに

「心」、「体」、「栄養」三つの視点から「プロアクティブ」に取り組む、KOKOROセンター独自の取り組み

「トータル・ウェルネス・ケア・プログラム」、TWCPは、問題が起こる前に事前に予防する、「プロアクティブ」なアプローチを採用しています。これから起こり得る問題を早期に発見・解決することで、「問題が起きる」ことを回避します。様々なアセスメントとカウンセリングを通じて、潜在的問題を事前に予防管理を行うことで、危険性が高い個人に対する適切な予防戦略を実行することができます。

クライエント様によって、その時に必要なカウンセリングサポートは様々です。
TWCPでは、下記の流れでプログラムが進んでいきます。

TWCPには以下のことが含まれます。

  • プライベートと仕事の現在のバランス
  • 既存の作業負荷
  • 作業に対する情緒反応
  • 職場において業績や安全に影響を及ぼす可能性がある問題全般
  • ストレス、ウェルネス、人間関係等に関する幾つかの診断
  • 滞在的な問題を発見・識別
  • 真に必要とされているカウンセリングサポートの提供
  • 事前に潜在的な問題の予防管理と、危険性が高い個人に対する適切な予防戦略の実行

また、カウンセラーと一対一で、以下の事項について、アセスメントに対する相談・話し合いが行われます。

  • プライベートと仕事のバランス
  • 現在の作業負荷
  • 仕事や作業に対する情緒反応
  • 職場において業績や安全に影響を及ぼす可能性がある問題全般

TWCPアセスメントは従業員の方のストレスレベルの管理を、問題が起こる前に予防できるように作られています。業績に影響を与える可能性のある分野を特定したり、仕事や私生活での滞在的な問題にも取り組み、問題が深刻になる前に介入することが可能です。組織の年次健康診断の一環・ウェルネスチェックとして実行されます。

TWCPでは、従業員の皆様が以下の事項にアクセスできる機会を設けています。

  • 適合・ストレス評価
  • 適したリソース
  • 健康維持全般を詳細にまで監視できる、訓練されたカウンセラー
  • 精神面での健康を重要視し、能力が試される役割を反映する機会